防災・収納

方眼ノート

コラボ講座

講座スケジュール

2024年

5月
5 / 7(土)【第2期】防災収納3ヶ月実践講座①スタート
5 / 11(土) くまもと女性防災リーダー育成研修
5 / 24(金) 10時〜【B’Ants】防災グッズ講座
5 / 21・22 方眼ノート1DAYベーシック講座
5 / 25(土) くまもと女性防災リーダー育成研修
5 / 28(火)【第2期】防災収納3ヶ月実践講座②
5 / 31(金) 東北へ(東日本大震災の視察)

6月
6 / 5(水)立正大学 ボランティアセンター防災セミナー
6 / 14・15 方眼ノート1DAYベーシック講座
6 / 18(火)【第2期】防災収納3ヶ月実践講座③
6 / 22(土)熊本県ふれあう共催さま 整理収納セミナー
6 / 26(水)千葉県・保険会社さま 防災セミナー
6 / 28(金) 10時〜【B’Ants】防災グッズ講座

7月
7 / 1(月)10min FOCUS Mappingノート講座
7 / 3(水)10min FOCUS Mappingノート講座

7 / 6(土) くまもと女性防災リーダー育成研修
7 / 9(火)【第2期】防災収納3ヶ月実践講座④
7 / 21(土)花博記念公園ハウジングガーデン
7 / 20(土) くまもと女性防災リーダー育成研修
7 / 26(金) 10時〜【B’Ants】防災グッズ講座
7 / 27(土) くまもと女性防災リーダー育成研修
7月 (夏休み) すごい!読書感想文教室

*熊本県内 シルバー人材センター「収納セミナー」(熊本市・人吉市・菊池市)

防災・収納

トータル10時間の講座とフォローで、片付けながら備蓄まで完成させます。
片付けと安全性が同時に学べて手に入ります。
防災の入門編のオリジナル講座です。熊本地震の被災から学んだ「本当に使える防災リュック」を解説します。
まず、何から備えればいい?と不安な方は、まずこちらからご受講ください。
整理収納の基本が学べる、オリジナルの単発講座です。受講後は思わず片付けたくなるはず!
イベント、PTA、企業さま等での講座も承っております。
日本防災共育管理協会が主催する防災の資格取得講座です。防災のプロを目指す方、災害時の具体的な行動や心構えを知りたい方におすすめ。まずは「命を守る行動」を学ぶ3級からご受講ください。
松永が運営する防災コミュニティです。毎月1回、防災グッズを紹介したり、リアルな食レポしたり、2時間のオンライン講座を行っております。さらに、プレゼント企画や、特別グループLINEにもご招待!これから防災を学びたい方、最短で防災グッズを揃えたい方にもおすすめです。

方眼ノート講座

頭の中の情報を整理したい方は「方眼ノート」でロジカルな考え方になれます。
6時間の講座+1ヶ月フォロー付きで、一生使えるロジカル思考が手に入ります。
タイムパフォーマンスが上がって1日が充実する!
今日・いまに全集中できるようになる魔法のようなノート術です
夏休みだけの特別開催!小学校4年生〜中学生までを対象として読書感想文教室です。
次回は、2024年夏休みに開催予定。2024年7月上旬に募集開始します。

コラボ開催

性格は遺伝しません。生まれ持った「個性」を理解することで、お子さんに効果的な声かけがわかります。ビシッと簡潔に?丁寧に解説?褒めて伸ばす?さて、あなたのお子さんはどのタイプでしょう?レポートを受け取ってくださいね!子育て診断士とのコラボ講座です。
マーケティングに特化したInstagramの活用セミナー。ビジネスコンサルタント・今井知加さんとのコラボセミナーです。不定期開催となっております。松永の公式LINEや各種SNS等でお知らせしますので、ご登録してお待ちください。

Profileプロフィール

松永りえ

防災収納インストラクター(セミナー講師、著者)
1983年 熊本生まれ 熊本大学卒業
著書3冊/雑誌掲載90誌以上/二児の母

・整理収納コンサルタント
・防災士
・著書3冊
・防災共育管理士認定講師
・安全環境収納アドバイザー
・備蓄防災食調理アドバイザー
・防災子供管理アドバイザー
・動物防災管理アドバイザー
・防災シニア・ディスエイブルドアドバイザー
・診療放射線技師

病院勤務時代から続けていた趣味のSNS発信をきっかけに「無印良品マニアのムジッコ」として書籍を出版、2015年に整理収納コンサルタントとして起業。しかし、2016年4月の熊本地震で、自宅のテレビは倒れ、天井のライトは割れ、命の危険を感じました。「安全に片付けないと意味がない!」と痛感し、防災士、防災共育管理士認定講師の資格を取得。現在は「災害に強い収納(防災収納)」を広めるために、セミナー、書籍、コラム、テレビ、雑誌など、幅広く活動している。

目標は、災害時に家の中で亡くなる人をゼロにすること!
産婦人科での勤務時代から10年以上女性に寄り添ってきました。
「大切な人を守りたい!」そう願う全ての人をサポートします。。